先輩紹介

工事の最初から最後まで、全工程に携わるのがやりがい

会社を選んだきっかけ

会社を選んだきっかけ

同じ高校にいた先輩が当社で先に働いており、推薦してもらったことが最初のきっかけです。戦前からの長い歴史・実績があり、地域の方々に愛されている企業だと聞いたことが決め手となりました。

実際に入社してみてもそのことは常々実感でき、間違いではなかったなと思います。工事の説明会を住民の方々に対して行う際にも、「明石土建さんの仕事なら」とご理解頂けるのはありがたいですね。

仕事内容について

仕事内容について

長く明石で仕事を行なってきたため、本当にいろいろな物件のご依頼をいただきます。高層マンション、学校、工場、老人ホームなどなど。基本的に毎日現場への直行直帰。現場での一日の流れは、まず朝礼で下請業者との打合せを行い、その日の作業指示を出します。その後、昼食休憩を挟み、昼礼で進捗の確認、昼からの作業予定を立てます。

昼からも随時、進捗確認を行いながら、17時まで現場で工事を行なっています。事務所に戻ったらその日の作業内容をまとめ、翌日の準備をし、その日の業務を終えます。

この会社のここが魅力

この会社のここが魅力

大手の場合は、同じ施工管理でも「担当分業制」になることが多く、ひとつの建物を一気通貫で最初から最後まで指揮監督するケースは稀だと思います。当社の場合、会社規模に似合わないほどの大型物件であっても、すべての工程に関わることができ、基礎工事開始から完成の瞬間まで立ち会うことができます。

これは大手でも経験できない仕事の醍醐味だと感じています。また、社員の自立を促し、早い段階からどんどん裁量ある仕事を任せてもらえることも、若手社員たちにとっても大きなやりがいであり、魅力です。

↑PageTop