建設業における最大の強みは
「人材」と考えています

教育制度

キャリアステップ(施工管理の場合)

キャリアステップ(施工管理の場合)

当社は、建設業における最大の強みはやはり「人材」と考えています。ビジネス環境の変化や多様化するお客様のニーズに的確に応えていくための人材教育を行っています。

当社の現場社員は「施工管理」業務であり、そこで必要なのは、主に技術的な基礎力とコミュニケーション能力と考えます。若い年次にはOJTを中心に経験値を高めていただき、年次や職位が高まるにつれ、積極的に自己啓発に取り組む社員へは資格取得援助や管理職になるための教育体系に取り組んでいます。

キャリアステップの流れ

① 基礎固め

先輩社員の指導の下、建設工事現場で経験をつむ

② 技術習得

様々な工事現場で実務経験を積み、施工管理技士・建築士の資格にもチャレンジ

③ プロフェッショナル

工程全てを任され、発注者(お客様)との対応や部下への指導等、現場運営全てを任される

④ 管理職へ

自部門の全体を統括し、部下の指揮管理を任される。

具体的な仕事内容

1~3年目 現場運営の補助

現場運営の補助

<お仕事内容>
・朝礼準備
・現場安全点検
・測量・墨出し準備
・定例会議打合せ
・書類作成補助
・工事写真撮影及び整理
・安全関係書類整理
・作業員への指示

4~10年目 現場運営及びその管理

現場運営及びその管理

<お仕事内容>
・現場関係書類の作成(各施工計画書・検査提出書類)
・現場所長の補助(施工管理・品質管理・出来形管理・安全管理等)
・測量・墨出し準備
・定例会議打合せ
・書類作成補助
・工事写真撮影及び整理
・安全関係書類整理
・作業員への指示

現場代理人現場運営と管理

現場代理人現場運営と管理

<お仕事内容>
・発注者及び関係機関との対応
・現場関係書類の作成(各施工計画書・各種検査書類提出)
・予算書作成と原価管理
・購買先(下請・資材)の選定
・現場安全巡視
・社内書類の作成(ISO関係、原価管理)
・定例会議打合せ書類作成
・安全関係書類作成及び整理
・部下への指導及び教育

↑PageTop